パイロットについて

飛行機操縦の仕事といえばパイロットです。乗客の命を預かって飛行機を安全に操縦するためフライト1回1回が緊張です。責任重大な分やりがいがとてもある仕事とも言えます。国内でパイロットになるためには固定翼とよばれる飛行機の事業用操縦士の免許の取得が必要です。取得後もスキルアップするために訓練を重ねていくことになります。パイロットは高度な知識や技術、人格が必要不可欠です。

パイロットになるためにはいくつかの方法があります。1つ目は、未経験者対象であるJALやANAの自社養成パイロットに応募してパイロットになる方法があります。これは入社後にパイロットになるための事業用操縦士等の免許を取得することになりますが大変入社のレベルが高いのが現実です。2つ目は航空大学校に進学して資格取得し航空会社に応募する方法があります。航空大学校は授業料が安いのが特徴です。けれども大学で2年以上学んでからの進学あるいは短大専門学校を卒業してから進学する必要があります。その他、パイロット養成コースがある学校に進学し資格を取得して航空会社に応募する方法やアメリカなどの海外で留学して訓練をし、資格取得する方法などもあります。

パイロットの多くは航空会社に勤めて操縦を担当する他、自衛隊や海上保安庁、国土交通省やチャーターフライトなどの操縦士として働く場合もあります。免許を取得するだけ就職できるものではないため、日々の訓練とともに事業用資格や多発限定・計器飛行証明等の資格取得をする必要があります。

パイロットはなりたい職業ランキングには上位にいつも入っており、平均年収も1500万円以上とも言われております。また、近年LCCと呼ばれる格安航空会社が普及していき、パイロットのニーズは今後ますます高まっていくと予想されます。ですので、飛行機の免許を取り、パイロットの道へ目指して行きましょう。