パイロットについて

飛行機操縦の仕事といえばパイロットです。乗客の命を預かって飛行機を安全に操縦するためフライト1回1回が緊張です。責任重大な分やりがいがとてもある仕事とも言えます。国内でパイロットになるためには固定翼とよばれる飛行機の事業用操縦士の免許の取得が必要です。取得後もスキルアップするために訓練を重ねていくことになります。パイロットは高度な知識や技術、人格が必要不可欠です。

パイロットになるためにはいくつかの方法があります。1つ目は、未経験者対象であるJALやANAの自社養成パイロットに応募してパイロットになる方法があります。これは入社後にパイロットになるための事業用操縦士等の免許を取得することになりますが大変入社のレベルが高いのが現実です。2つ目は航空大学校に進学して資格取得し航空会社に応募する方法があります。航空大学校は授業料が安いのが特徴です。けれども大学で2年以上学んでからの進学あるいは短大専門学校を卒業してから進学する必要があります。その他、パイロット養成コースがある学校に進学し資格を取得して航空会社に応募する方法やアメリカなどの海外で留学して訓練をし、資格取得する方法などもあります。

パイロットの多くは航空会社に勤めて操縦を担当する他、自衛隊や海上保安庁、国土交通省やチャーターフライトなどの操縦士として働く場合もあります。免許を取得するだけ就職できるものではないため、日々の訓練とともに事業用資格や多発限定・計器飛行証明等の資格取得をする必要があります。

パイロットはなりたい職業ランキングには上位にいつも入っており、平均年収も1500万円以上とも言われております。また、近年LCCと呼ばれる格安航空会社が普及していき、パイロットのニーズは今後ますます高まっていくと予想されます。ですので、飛行機の免許を取り、パイロットの道へ目指して行きましょう。

自家用飛行機を操縦

飛行機の免許は趣味で操縦することのできる自家用操縦士免許があります。定員数も制限された小型の飛行機である自家用飛行機を操縦して趣味や休日の楽しみとしてフライトを楽しむことができます。

小型飛行機は通常の飛行機と比較しても航路がなく自由にフライトができ、自分で好きなように航路を決めて楽しめるのが大きな特徴です。空を自由に飛び回りたいとプライベートを楽しめます。自家用操縦士免許を取得して小型飛行機を操縦して楽しんでいるという方は日本でも多く存在しているのです。飛行機を買うお金はさすがに無いという方も機体のレンタル等でフライトを気軽に楽しむこともできます。

自家用操縦士免許は車でいうところの普通自動車第一種運転免許といえるでしょう。小型飛行機の操縦を自身が機長となってできるのです。固定翼自家用操縦士免許を取得するためには総飛行時間40時間以上、単独飛行10時間、同乗教育飛行は夜間の離着陸等を含めて20時間以上の飛行時間を要します

長期滞在による免許取得が難しいといった方のために30日間の短期で自家用固定翼の免許を取得できるプランや複数回の時間にわけて免許取得も可能なフライトスクールもあるため、時間のとることの難しい社会人も取得を目指せます。

飛行機免許を取りたい

飛行機操縦して空を飛び回りたいと考えたことは誰しもが一度思ったことがあるのではないでしょうか。飛行機の免許を取得して仕事や趣味として操縦しませんか。固定翼とよばれる飛行機の免許には事業用操縦士免許と自家用操縦士免許の2つがあります。事業用はプロとして仕事に就くことができ、自家用では趣味としてフライトを楽しむことができます。

飛行機の2つの免許は操縦に関する座学を受講した後、飛行訓練を受け、規定されている飛行時間を満たしたうえで試験が受けられます。試験に見事合格すると、免許がもらえます。また、飛行機の免許取得はアメリカでの取得がおすすめです。アメリカの取得は日本と比較しても免許取得にかかる費用がかなり安く抑えられるのです。訓練と同時に英会話の勉強にもなるのも特徴です。

飛行機は小型飛行機もあり、自身の趣味として操縦を楽しむ人も増えています。普段はサラリーマンといった方も自家用操縦士免許を取得して休日は日本中を飛び回っているという方もいるようです。日本では趣味としては難しいのではないかとイメージされがちですが可能なのです。

パイロットはこれから団塊世代による大量退職やLCCの普及によって不足するとも言われており、今固定翼操縦免許を取得すると重宝されるかもしれません。社会人で時間を十分に取れないといったかたのためにも航空留学以外の他、免許取得方法があるので説明をします。飛行機の免許を取得してパイロットを目指しませんか。

飛行機の免許取得方法について